睡眠も大事な健康管理|不規則になると起こること

体調管理を意識していく上で「睡眠」も大切な健康管理の1つです。

睡眠によってその次の日のパフォーマンスに作用したり、病気にかかりやすくなったりと不規則な睡眠生活をしてしまうことで、体に悪い影響をもたらします。

「寝る子は育つ」よいう言葉があるように子供にとっても睡眠は大切な行動の1つと言えます。

ここでは、睡眠が大事な理由をご紹介していくとともに、不規則になることで起こる影響やよい睡眠を取るために意識すると良いことなどをお話していきます。

睡眠習慣が大事なわけ

まずは睡眠の重要性についてお話していきますが、睡眠を取ることで得られるメリットを挙げていきます。

  • 疲労回復
  • 肥満防止
  • ストレス解消
  • 肌質が良くなる
  • 記憶の整理

などさまざまな良い効果を生んでくれます。

・疲労回復

睡眠で1番良く知られているのが、体と心の疲労を回復させることです。

深い睡眠を取れているときに、成長ホルモンが分泌され、体の回復や修復をしてくれます。

他には、「代謝活動が促進される」「自律神経が整う」「脳が休まる」などの理由からストレスの回復もします。

睡眠は体全体を休ませることができるので、自覚のない疲労部分の回復にも繋がります。

・肥満防止

肥満予防に繋がるのは、食欲をコントロールするホルモンが分泌され、余分なカロリー摂取を防ぐことができるからです。

睡眠をしっかり取ることで、そのホルモンの働きによって太りにくい体質を作ることができます。

・ストレス解消

睡眠をしっかり取ることで、脳内疲労を回復してくれます。

そのため、目覚めたときに脳がすっきりしていて、ストレスの解消につながります。

・肌質が良くなる

寝ているときに出る成長ホルモンによって、良い肌質を作る働きをしてくれます。

最も深い睡眠のときに成長ホルモンが多く分泌され、肌の修復や新陳代謝が行われます。

深い眠りが多ければ多いほど良い影響を与えてくれます。

・記憶の整理

記憶は寝ているときに、起きて活動していたときの体験を整理し、記憶として定着させます。

深い眠りのときに体験で得た感情や出来事を整理し、浅い眠りのときに記憶として定着させるリズムがあります。

不規則な睡眠が及ぼす影響

次に不規則な睡眠によって、心身にどんな悪影響を与えるのかについてお話していきます。

身体への影響

まずは、体への影響についてご紹介します。

  • 免疫の低下
  • 体重増加
  • 病気の可能性が上がる

・免疫の低下

睡眠が不規則で充分に取れていないということは、一日の活動で受けた負担を回復できていないことを示します。

そのため、体がウイルスに対しての準備ができず、さまざまな臓器や白血球などの組織や細胞の生産が満足にできず免疫システムに欠陥ができてしまいます。

免疫が低下するということは、より感染症にかかるリスクが高くなるといえます。

・体重増加

睡眠によって、体の消化器系や新陳代謝の働きを良くしてくれますが、不規則な睡眠になることで、その働きが悪くなります。

そのため、睡眠不足により新陳代謝は悪くなり、長い時間をかけて体重が増えやすい体になってしまいます。

・病気の可能性が上がる

体が必要としている睡眠を取れていないと、時が経つとともに悪影響を与え、命に関わるような思い病気にかかってしまう可能性があります。

眠ることで、心臓などの大切な臓器を修復し、体温や代謝などすべてを整えているホルモンのバランスが調整されます。

このバランスが不規則な睡眠で崩壊する可能性があるので、健康を維持していくためには、1日6~8時間程度の睡眠を取る必要があるでしょう。

心への影響

次に心への影響についてご紹介します。

  • ストレスが増える
  • 気分の変化

・ストレスが増える

ストレスを抱え続けると、心と体に大きな負担がかかります。

睡眠をしっかり取ることで解消されやすくなるストレスが、睡眠不足により満足に解消されずに徐々にストレスが大きくなっていきます。

しっかりと休息を取れれば、体はリラックスし心は落ち着きます。

気分の変化

寝不足の人は、怒りっぽくなると言われています。

人は疲れていると不機嫌になりやすく、すぐにイライラしてしまいます。

機嫌が悪くなると、多くの人は冷静さを失い、周りの人の感情や反応をどれだけ上手に読み取れなくなる可能性が高まります。

長い期間睡眠不足が続くと、うつ病などの精神の病気にかかる原因となります。

良い睡眠を取るために出来ること

悪影響を受けないために、良い睡眠を取る必要があります。

良い睡眠を取るために、今から簡単に意識できることをご紹介します。

概日(がいじつ)リズムを整えよう

概日リズムとは、簡単に言うと体内時計のことです。

単純に夜の時間に睡眠を取らないような、正しい周期以外の生活リズムを送ってしまうことで、睡眠障害の原因になります。

まずは、規則正しい生活リズムをこころがけ、体内時計を整えましょう。

運動、休息、食事の習慣化

体内時計を整えるためにも、睡眠以外の生活リズムも整える必要があります。

運動に関して言えば、週に3~5回ほどのペースでジョギングやウォーキングなどの軽い運動を30~60分ほど行うと良いと言われています。

これによって自律神経を整え、ストレス解消に役立ちます。

時間帯は寝る前ではなく夕方の時間帯が良いとされています。

疲れていると感じるときには球速もしっかり取る必要があります。

また、食事に関して言えば、寝る頃に空腹の状態にならないよう食べる時間の調整や消化の良い軽食を取ってから寝ると良いでしょう。

基本的には、寝る時間の2時間前には夕食を済ませた状態を習慣化するといいでしょう。

睡眠の乱れが不登校の原因になっている事もある

睡眠がいかに大切であるかを感じてもらえたでしょうか。

子供の頃の睡眠の乱れは、結果的に不登校の原因になることもあります。

睡眠が与える影響しっかり理解して、規則正しい生活を心がけましょう。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験