発達障害の原因とは|特性と支援の方法や必要性

あなたは自分の子供に何か他の子と違うなと感じたときはありますか。

そんなときいろんな病気の可能性を考えてしまいます。

その1つが発達障害であり、生まれつき脳機能の成長がかたよってしまう障がいのことを言います。

ここではその特性や支援の方法についてご紹介します。

うちの子少し周りと違うかもと感じるとき

子供と日々生活をしていく中で何か周りの子供と違う気がすると感じたことはありますか。

自分の子供が発達障害であると疑っても、そうであるかどうかを判断するのは非常に難しいところがあります。

簡単に判断するためのチェックリストをご紹介します。

これを見て、自分の子供が該当するのかどうかの判断材料にしてみてください。

発達障害のチェックリスト

発達障害の症状は、人によって個人差があり特性や年齢によって変わってきます。

ここでご紹介するチェックリストはよく見られる特性を挙げていきます。

・言葉の遅れがある

会話の中で言葉が出てこないことや年齢に合った言葉を使えないような発達の遅れがあることを指します。

・こだわりが強く変化することに苦手である

遊ぶときに常に同じ道具で同じ遊び方をすることや予定の変更が急にあったとき、行動に移すことができないなどの日々の生活に支障が出るようなこだわりが強い特性があります。

・感覚鈍磨(かんかくどんま)である

何事にも反応が鈍く痛みなどの刺激に鈍感なことを言います。

・感覚過敏(かんかくかびん)である

全てに対して敏感であり、光や音、感触にこだわりがあり、好き嫌いが激しく偏食、決まった服しか着ないなどの特徴があります。

・忘れ物、不注意が多い

不注意故にうっかりミスすることが増え、忘れ物が多く、整理整頓が苦手です。

・周りとのコミュニケーションがうまく取れない

周りの子供や大人とコミュニケーションがうまく取れず、結果的に1人で遊ぶことが多くなります。

・落ち着きがなく我慢ができず、行動のコントロールができない

静かに1つの場所にいられず、集中力がなく、ずっと話をしているなど、落ち着きがなく我慢ができず、すぐにイライラしたり、ちょっとしたことで手が出てしまうなど行動のコントロールができません。

・癇癪(かんしゃく)や自傷行為をしてしまう

ちょっとした事で感情をおさえきれなくなり、激しく怒ってしまい、自分を傷つける行動を取ります。

・不器用であり運動面に遅れがでる

不器用で運動や力加減ができず、指先が上手に動かせないなどの特徴があり、大人になっても食べこぼしや食器を使いこなせない場合があります。

・勉強が苦手である

読み書きができず、年齢に合った学習が苦手、できるできないの差が極端になるため、授業に遅れていきます。

このさまざまなチェックリストが複雑に絡み合い、ダメな子、問題児だと誤解されます。

どれか1つでも気になる項目があれば、早めに対策をするようにしましょう。

そもそも発達障害ってなに??

発達障害の子供によくある特性をご紹介しましたが、次にその障がいの理解を深めていきましょう。

冒頭で触れましたように脳の成長が偏る障がいのことを言います。

その3つのタイプを紹介していきます。

3つのタイプがある

タイプは以下の3つです。

  • 自閉症スペクトラム(ASD)
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

・自閉症スペクトラム(ASD)

知的、言語の障がいがきっかけになることがあります。

診断名に基準がそれぞれ存在し、比較的聞き覚えのあるものでは自閉症やアスペルガー症候群、自閉症スペクトラム障害などがあります。

あまり聞きなれない病名だと高機能自閉症、広汎性発達障害、カナー症候群などの病名で分類されます。

主に対人関係を築くときのコミュニケーション能力に問題があり、社会性に欠けます。

物事への関心や興味の幅が狭く、こだわりが強い場合があります。

同じ行動をずっと繰り返してしまい、物事の変化に対応ができない人もいます。

・注意欠陥・多動性障害(ADHD)

感情や行動のコントロールができず、周りからダメな子であると思われがちです。

具体的な行動では「そのときの思いつきで行動する」「しゃべりすぎ」「気が散る」「集中力がない」「忘れっぽい」「落ち着きがない」などです。

学校生活や勉強、日常生活に支障が出てしまいやすいです。

・学習障害(LD)

計算・書く・読む・聞く・話すなどの特定の行動に支障が出るのが特性です。

学校に通うようになって気付くことがほとんどです。

どれかは得意だかどれかは極端にできないなど、得意不得意の差が大きく、分野ごとで偏りが見られることが多いです。

発達障害にはグレーゾーンがある

特徴だけを見ると発達障害と言えるが、診断基準が満たされない場合のことを言います。

そもそも数値などで判断されない障がいのため、基準に満たないと認められない人がいます。

理解や支援が得られにくい場合があるのが悩みになりがちですが、診断されていない場合でも支援を受けられるときがあります。

発達障害の原因とその支援

次に障がいの原因と支援の方法についてお話しします。

発達障害の原因は?

障がいの原因に「これ」という確実なものがありません。

有力とされている説は、産まれ持った脳の機能に問題があり発達や認知の偏りが出るという説です。

治療法とサポート

では、原因がはっきりしていない障がいの治療法とサポート方法は、薬物治療と心理的、療育的アプローチがあります。

・薬物治療

薬での治療では根本的な障害を治すものではなく、症状を緩和するのが目的です。

成分としては脳内の神経伝達物質のバランスを改善し調整することで症状をコントロールします。

薬治療は原則として6歳以上から処方が可能です。

・心理的、療育的アプローチ

子供が何に困っているのかを探りだし、その子供に合った方法を探します。

それが周りの人の理解や環境を工夫することで、症状の改善を狙う方法です。

子供に合った環境作り

子供の教育には環境が大きく成長を左右します。

その環境を整える必要があり、実際にこの記事を執筆している「ネオチャレRoom」でも不登校の子供に向けた支援をしています。

子供が伸びやかに成長できる環境作りをしていますので、気になる方はまずは問い合わせをしてみてください。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験