心身管理法|意外と知らない食事とメンタルの関係

最近、自分の子供が「暴力を振るう」「暴言を吐く」「すぐにキレる」といった精神に異常が起きているような行動を取ったりしていませんか。

子供のメンタルには、食事大きく影響している可能性があります。

その食生活には明確な共通点があり、それが原因になっていることがあるのです。

食事が心を支配しているといっても過言ではない、そのメカニズムについて解説していきます。

食事も大事なメンタル管理

食事によって大きく左右される、子供のメンタルを管理するのも親の勤めの1つです。

食事と言えば、栄養バランスのせいだとイメージする人は多いでしょう。

では実際に、食生活が悪く荒れる子供は何を普段食べていて、不足しがちな栄養素、多く取り過ぎている栄養素は何であるのかをお話します。

荒れる子供と言われる子の食生活

大沢博さんが出している著書『食原性症候群』には、こういう内容が書かれています。

犯罪をきっかけに少年院に入っている子供たちの、入所する前の食生活には一定の傾向があったようです。

特徴を箇条書きでまとめると以下の通りです。

  • 朝食はほとんどの子が食べてない
  • 昼食は給食以外だとカップメン、ハンバーガー、菓子パンなど
  • 間食は糖分の多い清涼飲料や炭酸飲料、スナック菓子、アイスなどを大量に摂取する
  • 夕食はハンバーグや焼き肉などが多く、野菜をほとんど食べない

このように、正しい食生活とは言えないような食事をしています。

実はこの食事傾向は、非行少年になる子供だけに限りらず、多くの子供に見られる傾向なのです。

このような食事を毎日のように続けていたどうかの違いで、子供のメンタルに与える影響が変わってきます。

小中学生に好きな食べ物のアンケートを取ると「カレーライス」「ラーメン」「焼き肉」「ハンバーガー」「ジュース」「アイスクリーム」などの回答が多く出ます。先の、非行を犯した少年たちの食生活と大差ありません。

共通していることは、肉やご飯、砂糖、パン、めん類などの糖質が多く、野菜がほとんど取っていないということです。

カルシウムやビタミンB1が不足している上に砂糖を多く取っています。

この栄養の偏りによって、精神に大きな影響を与えます。

不足する栄養素、過剰になっている栄養素

不足する栄養素として、カルシウムが挙げられます。

カルシウムはミネラルが多く含まれており、骨を作る働きをします。

骨を作る役割以外にも大きな働きをします。

それは精神の安定を保つ働きです。

カルシウムイオンは脳神経細胞の興奮を抑える力があり、カルシウムが十分に取れていれば、ちょっとしたことで精神が揺らぐことが減ります。

逆に不足しているとちょっとしたことでイライラしてしまい、感情が不安定になります。

カルシウム不足は大人にも多く、カルシウムの吸収を妨害してしまう要素が多く存在します。

中でもその要素が強いのが、子供の好きな食べ物に多く含まれるリンです。

特にスナック麺、ハム、ソーセージ、かまぼこなどに多く含まれています。

次に多く取り過ぎているのが砂糖です。

砂糖の取り過ぎで起こるのが低血糖です。

食べ物に不自由しない時代だと言われているにも関わらず、ビタミン不足が騒がれています。

偏食をしていると不足することがありますが、極端にビタミンB1が不足することはあまりありません。

しかし、砂糖を大量に取ることで、ビタミンB1が消費されてしまうことがあります。

糖質の代謝を良くするために必要なビタミンB1はご飯やパン、めん類などをエネルギーに変えてくれます。

砂糖を取ることで、代謝のためにビタミンB1が働きますが、一時的に脳を安定化させるだけで、すぐに低血糖状態に変わります。

脳へ栄養を送り続けることができず、精神的に不安定になり、イライラしてしまいます。

偏る食生活で作られる身体

偏った食生活によって、作られた身体はメンタルに影響を起こします。

不足している場合と過剰な場合では、心にどのような負担をかけているのかをご紹介します。

不足しておこる心の負担

栄養素が不足することで負担がかかりやすいのが主には脳です。

タンパク質やビタミンBが不足すると脳の神経伝達物質が不足し、鉄分が不足すれば脳に酸素がいかなくなり貧血や脳の働きが低下します。

他にも脂質が不足すれば脳が疲れやすくなり、食物繊維は脳と腸に悪影響を与え、ビタミンC不足はイライラの原因です。

このように、栄養素の不足によって心の負担は主に脳からきます。

過剰になっておこる心の負担

やはり過剰に取ってしまうのは砂糖であり、手前で触れたように精神が不安定になり、イライラの原因です。

精神が落ち着かないということとイライラする回数が増えることは、心に大きな負担をかけます。

大事なのは血糖値のコントロール

栄養素不足を改善することと同じぐらい大事になってくるのが、血糖値のコントロールです。

これは、食べる順番を変えることで血糖値の急激な上がりを抑えてくれます。

急激に上昇するとインスリンの分泌が多くなり、すい臓に負担をかけてしまいます。

お肉量にの定食であった場合のおススメの食べる順番は以下の通りです。

野菜や汁物

⇓血糖値の上昇が緩やかになり、糖質脂質などの脂肪がつきにくくなります。

お肉

⇓いきなりお肉を食べると急激に血糖値が上がるので、野菜などの後がおススメです。

ごはん

お肉と同様、血糖値が急激に上がってしまうのでお肉の後が良いでしょう。

また、消化時間も食べ物によって変わり、消火の早いものから胃に層を作るように食べると消化が良くなり、胃に負担が減ります。

野菜などは約1時間、お肉などは約8時間、炭水化物は約12時間と言われています。

胃やすい臓などの負担を避けるためにも順番を意識するようにしましょう。

子供の心身の健康を保つのに大事なもの

人間は食べたもので身体が作られていきます。

まずは基本的な知識を知ることで、健康な心と身体を作る意識をしていきましょう。

また、子供は精神が未熟であることから心に大きな影響が出るので特に自分の子供の食生活には気を配ると良いでしょう。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験