寒い季節のインフルエンザ大流行|意外と知らない感染症

あなたは、日々の体調管理のために何かしらの対応を取っていることでしょう。

特に冬の寒い時期には、風邪やインフルエンザが流行りますよね。

世の中にはさまざまな感染症がありますが、意外と知られていない感染症などもあります。

今回は、寒い季節にかかりやすい感染症やその経路、予防方法をご紹介します。

冬にかかりやすい感染症

ウイルスや細菌は低温、低湿度を好むため冬に感染症が流行りやすいと言われています。

夏と比べて菌が長生きしやすいため、人の咳やくしゃみから飛ぶ菌たちがより遠くまで飛んでいき感染する範囲が広がります。

また、気温が低い分体温が下がるので、免疫力も低下します。

冬にかかりやすい感染症を紹介するとともに、子供がかかりやすいものや大人でもかかる感染症についてお話していきます。

特に冬にかかりやすい感染症は以下の通りです。

  • インフルエンザ
  • ウイルス性胃腸炎
  • RSウイルス感染症

・インフルエンザ

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原菌である気道感染症です。

A型とB型が存在し、A型の主な症状は、38度以上の高熱、頭痛、筋肉痛、関節痛など全身に症状が現れます。

B型は、高熱の場合はもちろん微熱や平熱の場合もあり、消化器系に症状が現れます。

・ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎は通称「お腹の風邪」と呼ばれ、ノロウイルスやロタウイルスなどの感染症のことを指します。

嘔吐や下痢が止まらなくなる症状になります。

ノロウイルスは1年間季節問わず発生しますが、特に冬の時期に多く発症します。

・RSウイルス感染症

RSウイルスは、風邪のウイルスの一種です。

乳幼児の感染がほとんどで、気管支炎や肺炎などの症状が出ます。

大人がかかった場合は、軽い鼻風邪程度で済むようです。

子供がかかりやすいもの

上記の3つ以外に子供がかかりやすいものがあります。

例えば「麻しん(はしか)」「風しん」「水疱瘡(みずぼうそう)」「おたふく風邪」など子供の頃にかかっておいた方が感染症を含め、さまざまあります。

大人でもかかるもの

大人でも予防接種をしていない人や生きていた時代によって、ワクチンがまだなかった頃の人などが該当します。

子供と同じく「麻しん(はしか)」「風しん」「百日咳」など大人でも注意するべき感染症があります。

いずれも子供の頃にかかるよりも大人でかかる方が症状が重いと言われているので、予防できるものには意識を向けましょう。

4種類の感染経路

次に感染症にかかる原因となる、主な感染経路をご紹介します。

感染経路の種類

感染経路は主に4種類あります。

  • 飛沫(ひまつ)感染
  • 空気感染
  • 接触感染
  • 経口感染

・飛沫感染

飛沫とは、細かく飛び散るしぶきや水のことを意味します。

すでに風邪にかかっている人が、細菌やウイルスを咳やくしゃみなどの行為によって感染する感染経路です。

約1mほどの範囲に渡って人に感染させます。

・空気感染

空気感染は、細菌やウイルスが空気中に存在し、1m以上の距離を超えて人に感染する感染経路です。

・接触感染

感染接触とは、直接的な接触や間接的な接触によって病原体が付着する感染経路です。

皮膚や粘膜などの直接的なものから、医療従事者の手や医療器具、手すりやつり革、タオルなどのような物体の表面を経由して間接的に感染します。

・経口感染

細菌やウイルスに汚染されている食べ物や飲み物を体内に入れることで感染します。

また、生のものや加熱が必要な食料にが十分に加熱されていない状態で食べた場合なども含みます。

感染経路を断ち切るには

感染経路を断ち切るために必要なのは予防対策を取ることとウイルスの抗体を作るための予防接種などを行うことで感染のリスクを下げ、断ち切ることができます。

大事なのは感染予防

感染をしないために大事なのは感染予防です。

さまざまな予防策がありますが、外出時にマスクをするなど日ごろから意識できる対策を意識すると良いでしょう。

習慣化されたうがい・手洗い

朝起きたときや外出から帰った後などに「手洗いうがい」を徹底してやることが大切です。

これは寒い時期に関わらず、年間を通して意識し習慣にすることで感染の可能性を極限まで下げることができます。

また、うがい用薬なども薬局などで手に入れることができるので、それを使うのも良いでしょう。

予防接種を受けても感染症にはかかります

多くの人が勘違いしがちなのが、予防接種を受ければ感染症にかからなという認識です。

これは間違っていて、予防接種はあくまで感染症にかかりにくくするために抗体を作る役割を持っているだけなので、完全に防ぐことはできません。

予防接種をしたうえで、感染症にかからないような対策を日々やるとより良いでしょう。

長期休みが不登校の引き金に

子供の場合は、インフルエンザなどの感染症にかかり長期休みを取ることになると、それがきっかけで不登校になる可能性もあります。

長期間休むことで「友達の間の話題に置いてかれる」「勉強が分からなくなる」など要因はさまざまですがそれがきっかけになりうることは理解しておきましょう。

感染症は、体にも精神面にも負担が大きいものです。

辛い思いを少しでもしないように、できる限りの予防策を行い、健康な体で寒い冬を乗り越えていきましょう。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験