完璧主義な子供|嫌いな自分を好きになる方法

自分に自信が持てずに自分のことを嫌いだと言う人は子供も大人もどちらもいます。

なぜ自分が嫌いなのかの理由は、自身が無い、周りに馬鹿にされてきた、自分の望む姿になれていないなど様々あります。

総じて言えることは、自分を認めていないことからくることが多いのです。

ここでは、完璧主義であるがために自分を嫌いになってしまった不登校児がどうすれば自分を好きになれるのかをお話していきます。

完璧にやらなくていいんだよ

完璧主義とは、簡単に言うと何事も100%の完成を求める人のことです。

テストでも100点を目指す、短距離走では1番を目指す、もしくは自己タイムのベストを更新するなど追い求める目標が完璧でないと満足できないのが完璧主義者です。

完璧を求めていたせいで、その求めている自分になれずに自分を嫌いになってしまう人もいます。

では果たして何事も完璧でなければいけないのでしょうか。

適度にやった方が成果が出る??

こんな考え方があります。

「物事に適度に取り組んだ方が最終的な成果が良くなる」という考えです。

完璧を求め続けてプレッシャーを自分にかけて成長できるタイプの人もいれば、精神に負担をかけずに取り組むことで成長する人もいます。

これは気持ちに余裕を持つことで、勉強や運動の効率がかえって良くなるという考え方です。

どちらの方が良いという断言のできるものではないですが、プレッシャーがかかるというのは人間の行動や気持ちを窮屈にしてしまい、結果を悪くしてしまう傾向があります。

そもそも完璧になんてできない

そもそも完璧とはなんでしょうか。

テストの点数が100点であれば確かに完璧と言えますが、世の中にテストや試験で全教科100点を取るような人はこの世の中数えるほどしか存在しません。

完璧とはその人が個人で決めた完璧の定義によってハードルの高さが決まります。

その完璧を求め、そこに到達できれば素晴らしいことですし、完璧であることが否定されることはないですよね。

完璧と言われる人がいないようにそもそも全てを完璧にすることはそもそもできないものなのです。

どうしたら完璧主義でなくなることができるのか

ではどうしたら完璧主義ではなくなるのでしょうか。

完璧主義な人にありがちな特徴から改善策を考えてみましょう。

何でも自分でやらないで、人に任せる

完璧主義の人にありがちなのが、何でも自分1人でやろうとしてしまうことです。

これは人に任せたところで、自分のイメージしているものが完成するはずがないと思ってしまうからです。

しかし自分ですべてやろうとした結果、締め切りに間に合わなくなったり、失敗してしまう、何か抜けが出るなど、かえって効率を下げてしまう可能性があります。

完璧主義の人は、人に頼ることに慣れていないので、人に任せてみると良いとアドバイスをもらっても中々実行できません。

先ずは1つだけでも簡単なお願いをするところから始めていき、人に任せることを覚えましょう。

うまくいかなくても自分を責めない

何かを完璧にやろうとして上手くいかなかった場合に自分を責めてしまうのも特徴の1つです。

しかし失敗した自分を責めるということは、自分を認めることができずに次のことに挑戦していくため「失敗→責める→次のこと→失敗」と負の連鎖を生んでしまいます。

負の連鎖の結果、自分に自信がなくなり求めていたものから離れ続けてしまうので、自分を責めることはやめましょう。

自分のことを認めてあげよう

自分を責めることが当たり前になってしまいがちな完璧主義な人は、自分を好きになるためにも自分を認めてあげる必要があります。

ではどうすれば自分を認められるのかが分からない人が、自分を認められるようになるための方法をご紹介します。

好きなことをやってる自分を認めてあげよう

1つは、自分の好きなことをやっている自分を認めてあげることです。

好きなことの制限は特になく、例えば野球が好きな子供であれば、野球をやっている、観ているときの自分を認めてあげましょう。

好きなことをしている自分は、感情に素直になって生活をしているのだと認めるのです。

したいこと、好きなことを自分が望んでやっているのであれば、結果という最後を見るのではなく、素直になれていることを認めましょう。

人と比較するのはやめる 

完璧を求めると誰かと比較をして自分は劣っているとマイナスな感情を持ってしまいがちです。

それがストレスになり、自分を否定してしまう原因になります。

人は日々成長する生き物で、昨日の自分に自分が勝てたかどうか、1年前の自分より成長できているのかを見るようにしましょう。

人はそれぞれ得意なことがあり、個性があります。

自分は自分で、人は人なのです。

人と比較をしても自分の落ち度に目がいってしまうので、結果的にいい方向にいきません。

今後は、人と比べるの辞め、自分を見てあげましょう。

自分を認めて好きになろう

完璧主義であることがダメというわけではないですが、結果的にストレスを抱えやすく窮屈になります。

その無駄なストレスを感じるのをやめて、自分のことを認めてあげることで人生は大きく変わっていきます。

自分を認めることができれば、自然と完璧主義は抜けていき、自分を好きになれるでしょう。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験