学習障害の子供が行く場所|塾やフリースクール、その他の選択肢とは

子供が行くべき場所は学校以外にどんな場所があるのでしょうか。

もちろん学校に行くことも大事ではありますが、ある理由によって学校に行けない子供が行ける次なる居場所にはどんな選択肢があるのでしょうか。

ここでは、学習障害の子供が行くべき場所の選択肢についてお話していきます。

どんな障がいで、大人が子供とどう向き合うべきなのかというところからご紹介します。

学習障害とは

「LD」と呼ばれるもので、読み書き、話す聞く、計算するなどの行動の習得と使用が難しく、いろいろな障害になることを言います。

この障がいの疑いがある子供は、学校での勉強についていけなくなることがしばしば見られるようになります。

そんな子供を支援する「特別支援教育」という、子供の能力の向上、改善ができるように環境を整えることです。

3つの障害と特徴

この障がいは単純に勉強嫌いだとか、知的機能が同じ世代の子供と比べて低いような知的障害なのではないかと思われがちです。

勉強以外の面で判断することができ、3つのタイプの特徴を元に判断することができます。

・読み書き障害

発達性ディスレクシアと呼ばれるもので、知的には問題はないものの読み書きが苦手な状態を指します。

特徴は以下の通りです。

  • 「は」を「わ」と書いてしまう
  • かたちが似ている文字を間違えて書いてしまう
  • 反転文字を書いてしまう
  • 自分の文字が読めない
  • 好きなように文末を変えて読む
  • 文章や単語を不自然なところで区切って読む

・書字表出障害

読み書きや文章の理解はできますが、それを文字に起こすことや正しい文章を書くことが苦手です。

・算数障害

繰り上がりの計算ができず、文章問題を解くのが苦手です。

繰り上がりの計算は、直前の出来事などを覚える能力が低いがためにできないと言われ、文章問題は読み書きが苦手な子供と同様に得た情報を他の何かに変換する能力に欠けていることを表しています。

対処法

それぞれのタイプに合う対策方法をご紹介します。

読み書きが苦手な子供にいいトレーニングがビジョントレーニング法です。

これは、眼球の動きのコントロールする能力、空間認識に必要な焦点を合わせる能力や立体視能力、動体視力などの向上を目的としています。

算数が苦手な子供には、算数が楽しくなるようにゲーム性のある問題を取り入れたり、スマホやタブレットなどでアプリなどで楽しくできる環境を与えましょう。

文章問題が苦手な子供には、絵や図を使って少しでも理解しやすいように工夫をすることでトレーニングすることができます。

書字表出が苦手な子供には、漢字の成り立ちを理解するところから始め、へんやつくりを組み合わせるトレーニングなどが良いと言われています。

親の学習障害の子の向き合い方は?

子供の症状に個人差があるので、その子供に合った指導が必要とされています。

障がいのある子供は、多くの失敗をしていてその分、大人に怒られたり周りの子供にバカにされたりと自分に自信を持てなくなっている場合がほとんどです。

その自信を付けてあげる向き合い方が良いでしょう。

例えば「何かできないことがあっても叱らない責めない」こと「楽しく勉強できる方法や環境を整えることで苦手意識を取り除き自信に変える」「子供を受け入れることは大事だが欲求を常に満たしてあげるような甘やかす行動をしすぎない」などその子供に合った方法を模索していくと良いでしょう。

学習障害の子のための「塾」

障がいを持っている子供のために塾やフリースクールなどの環境が既に存在します。

それぞれどのような環境であるのかをご紹介します。

学力向上を目指す学習塾

主に小中学生を受け入れている塾が多く、障がいのある子供が相手でもその子供に合った学力向上方法を取り入れている塾があります。

場所によって受け入れがあるかどうかは違い、指導の仕方も違うので問い合わせなどで確認すると良いでしょう。

フリースクール

フリースクールは、不登校の子供を対象とした、学校以外の施設や期間がやっています。

主には、子供の学力向上を目的とし現状では全国で400~500団体ほどいると言われています。

ネオチャレルームという場所とは

この記事を執筆している私が担当しているネオチャレルームとは、そんな不登校の子供が行きやすい学習の場を提供しています。

その子供1人1人に合った学習法を考え、子供の「やってみたい」という感情を大切に、子供の学びたいことを中心に指導するプログラムを考えています。

すでに不登校の子供との関係を築くことができており、新しい居場所を提供することができています。

子供に必要なのは居場所

1番と言えるほど大切なのがは、学習障害の子供に理解してもらえる「居場所」を与えてあげることです。

それが学校でないといけないことはなく、先ほど紹介した塾やフリースクールなど不登校児に向けた環境はあります。

また、私の担当している「ネオチャレルーム」に少しでも興味を持っていただければ幸いです。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験