学校に行かなくてもいいよ。と言える親の考え方

子供が何かしらの理由で、学校に行きたくないと言ってきたときに、子供に対して「学校に行かなくてもいいよ」とはなかなか言えないですよね。

しかし親の中には、この言葉を言えるような考え方を持っている親もいます。

では、その親たちはどのような考え方持って子供と接しているのかを不登校で悩んでいる親の理由からお話していきます。

不登校で悩む親の理由

不登校の子供を持つ親は、子供に対して不安な気持ちを持つことで悩んでしまいます。

悩む理由は様々ありますが、基本的に親がこうあるべきだと子供に対して思っていることと子供の行動に違いが出てきたときが理由になりがちです。

では実際にどのような悩む要因があるのか考えてみましょう。

学校を行くべきものだと思っていませんか?

あなたは子供が学校に行って当たり前だと思っていませんか?

確かに義務教育の間の小学校、中学校、その後の高等学校や大学においても行くべきものだと世間的に言われていますよね。

これは世間が決めた常識のようなものです。

もちろん五体満足で、精神的にも安定している子供であれば学校に毎日通い、勉強や運動、人間関係を築いていくべきだと思います。

しかし、何かの悩みを抱え学校に行きたくないという感情を持っている子供に対して、無理やり学校に行かせる必要はありません。

自分の子供が不登校だから何とかして学校に行かせないといけないと思い込むのは必ずしも正しいとは言えません。

「するべき」「やらねば」が招く親子のすれ違い

親が子供に対して「これをするべき」「あれをやるべき」「勉強はやらねばならない」などの考えを持ちやすいものです。

しかしこの考えは、子供の意思とは反対の考え方になることが多くあります。

そのため、親子ですれ違いが生まれてしまうのです。

不登校でも子供に気楽に接する方法

不登校になってしまった子供に手前で触れた大人の考え方を持ったままでは、気楽に接することは困難になります。

では、どのような考え方を持って子供と接していけばよいのでしょうか。

「するべき」を取り払って楽になろう

先ずは、子供に対してももちろん、親として責任のある考え方は「これだ」という考えを捨ててみましょう。

自分にも子供にもプレッシャーをかけ続けるのは、精神的に負担がかかります。

今思っている固定概念を捨てることで気持ちを楽にしましょう。

「するべき」を取り払う方法

勉強においても学校に行くことにあいても「するべき」というこうあるべきだという考えを誰しもが持っているはずです。

しかしこの「するべき」を取り払うことが少しでもできれば、子供は伸び伸びとした生活が送れるようになります。

この「するべき」を取り払うには、「してもいい」という考えを持つことです。

  • 泣いてもいい
  • 学校を休んでもいい
  • 頑張らなくてもいい
  • 無理して笑わなくてもいい

などという自分に正直になる考え方を持つのです。

「するべき」という考えになってしまうのは、これをしなければ批判されるのではないかという不安からくるのです。

しかしその考えでは窮屈になり素直に生活できなくなります。

その考えを「してもいい」という考えに変えることで取り払い、気持ちに余裕のある素直な自分になりましょう。

親が気づく事で子供も変われる

親がこのことに気付き変わることで、子供も無意識にその考えを真似していき伸び伸びとした生活を送るようになっていきます。

気付き変わるには時間がかかる

親の年代になれば、自分の考え方や生き方を変えていくのは簡単ではありません。

もちろん気付かずに一生を終える人も多くいます。

何かに気付き変わっていくには時間が掛かりますが、小さなことから意識していき考え方を変えていくことで、結果変えてよかった、子供が楽しそうにしていることに気付くでしょう。

長い人生という視点で子供を育てよう

人生の中でもちろん今を一生懸命生きることは大切です。

しかし人生は今だけではなくその先何年も続いていきます。

子供の成長を長い目で見て、親子揃って豊かな人生を送れるようにゆっくり考えてみましょう。

この記事に出会い、気付くことで親子が素敵な人生を送れることを祈っています。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験