子供も必要なメンタルヘルス|そのサインに気付こう

メンタルヘルスとは「精神面における健康」のことを意味します。

大人はもちろん、子供にも精神面の健康は大切です。

特に子供は精神面が未熟なため、ちょっとしたことでメンタルヘルスが崩壊してしまいます。

その子供のメンタルヘルスの対策をするためにも子供が発信するサインにいち早く気付けることが必要になります。

ここでは、子供の出すサインとその対策方法などをご紹介します。

不登校もサインの1つ

心の病気には、さまざまな助けてほしいというSOSのサインがあります。

不登校やひきこもりもサインの1つです。

部屋から子供が出たがらなくなったり、学校に行くことを嫌だと感じ行かなくなると「不登校」や「ひきこもり」なのではないかと心配になりますよね。

これらの状態も問題を抱えているからこそ取る行動ではありますが、病気とはまた違います。

これらの行動がきっかけで、心身に何かしらの症状を訴えることがあります。

また不登校やひきこもりの子供には、こころの病気が隠れていたり、病気の原因になる場合があります。

隠れた心の病気を知ろう

不登校やひきこもりの子供はさまざまな症状が出ます。

例えば、頭痛、発熱、腹痛、食欲不振、吐き気など体に出る症状と無気力、イライラ、不眠、集中力低下など精神に出る症状があります。

更には、統合失調症の陰性症状(意欲の低下、感情の変化の低下、思考の低下)などによって、不安障害やうつ病などが原因になり、不登校になっている場合があります。

子供の変化に気を配り、心身の状態を把握するように子供と話をする機会を作ると良いでしょう。

子供のサインに気づいたら

次に、子供のサインに気付くことができたらどう対応していくべきなのかを知ることが大切です。

サインに気付いても心配が故に、「どうしたの?」「何かあった?」など問い詰めてしまいがちです。

問い詰めてしまいうと子供は言いたいことを満足に言えない可能性があります。

そこで、子供の話を聞く時のコツをお話しします。

子供の話の聞き方のコツ

子供の話を聞くためのコツですが、まずは自分が悩んでいるときにどんな風に聞かれると答えやすいのかを考えてみましょう。

意見やアドバイスよりも話を聞いて共感してほしいという気持ちが強いのではないでしょうか。

子供が話を始めたら、自分の意見などは言わないようにして、話を全部共感しながら聞いてあげると良いでしょう。

否定をしない、受け止める

話に共感するということは、子供の話を「否定しない」ということです。

話を聞き共感、受け止めてあげることで、子供を認めてあげることで子供が話そうとしていることを聞き出すことができるでしょう。

否定しない意識と、話を受け止める心を持ち子供と会話をしましょう。

子供のサインを見つけるのに大事なこと

子供のサインに気付くために大人が意識する大切なこともあります。

自分の健康を保とう

大人が自分の健康を維持することができているかどうかです。

今までの経験を思い出してみましょう。

「体調が悪い」「気持ちが落ち込んでいる」「解決できない悩みがある」このようなときに周りのことを気にしたり、頼ったりなど、全体的に周りに気配りをすることができなくなるときはありませんでしたか。

相手が子供でも同じで、子供の変化に気付こうにも自分のコンディションが悪いと普段気付けることでも気付けないことがあります。

なるべく早く子供の変化に気付けるように自分の健康にも気を配りましょう。

大人も子供も心の健康を保てることが大事

子供の精神面の健康を維持するためにも、大人も心の健康に気を付けていく必要があります。

家族がともに健康を維持をすることが家庭の健康につながります。

心身共に健康であることが理想であるため、日常生活や食事など当たり前の生活の1つ1つに意識を向け生活していくと良いでしょう。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験