いま必要とされる人|求められる能力とやるべきこと

あなたは自分の子供の将来に不安を持ったことがありますか。

時代によって求められる人の能力は変化していきます。

そんな中、自分の子供が大人になったとき、時代のニーズに合った人になれているのだろうかと心配に思う大人は少なからずいることでしょう。

ここでは、いま必要とされている人はどんな人で、どんな能力を求められているのかについてお話していきます。

周りと同じことをしても将来必要とされない

「誰でもできること」「周りの人がやっていること」など、人と同じようなことをしていても、その人は必要とされない時代になっています。

一言でいうならば「個性」が足りないという認識です。

例えば「目の前に左右2つの道があったときに、正しいのは右だと言われ、多くの人が右に曲がる中で、迷わず左に進めるかどうか」これが個性があるかどうか、人と違う行動をする人と言えます。

多様化する人々のニーズ

昔と比べ、いまの世の中は変化が激しく多様性に対処できるような創造性を持った人でないとその変化についていけないと言われています。

人々のニーズが多様化しているこの時代で、多様性に対処できる人の方が幸福度が高いのです。

考えれば簡単なことで、多様性があるということは多くの人との繋がりを持てる人であり、その分いろんな人に話を聞ける、新しいことが発見できる環境の中にいるからです。

多様化するライフスタイル

人によって生活観は違い、ライフスタイルも多様化してきています。

結婚、子育て、仕事や転職など人によってライフステージが違うため、暮らしのニーズも変わります。

将来必要とされる3つの力

では多様化していく世の中で、これからの将来どのような人が必要とされていくのかを考えてみましょう。

問題設定力〜なぜやろうとしたのか〜

今までは、問題解決力が必要とされていました。

与えられた課題や問題を解決し、仕事を完遂する能力です。

もちろん問題解決力はこれからも大事ですが、いざ指示をする上司や過去のやり方が通用しなくなったとき、何をしたらいいのかを見失い、何もできない人が出てきてしまいます。

この解決力よりもこれから必要なのが「問題設定力」です。

誰かが道を作ってくれる時代は終わりに向かっている中で、自分で課題や目標、ゴール設定までをする力が求められます。

まずは与えられたこと以外で「自分は何がしたいのだろう」「何をするべきなのか」を自発的に考え行動していく習慣をつけていきましょう。

変化創造力〜周りと同じではだめ〜

変化想像力とは自発的に変化することを恐れず行動できる力のことです。

仕事をしていく中で、ある程度の年数が経ち経験を積むと、自然とそれなりの活躍ができるようになります。

これは本気で取り組まなくても仕事ができてしまい、多くのことを「こなしていく」ことになってしまいます。

このタイプの人は、伸びしろが減っていき過去のやり方にすがってしまう傾向があり、異なる環境や組織を離れた途端に上手くいかなくなります。

この力を身に付けるのは、自分の慣れ親しんだ居心地の良い環境を自ら飛び出ることが必要になります。

自分の価値観にない新しい人との会話と挑戦が大事なのです。

人と繋がる力〜なにがやりたいのか〜

最後の3つ目は「人と繋がる力」です。

1つのコミュニティだけにいると、自然と似たような価値観や考え方の人と一緒にいる時間が長くなります。

これから多様化していく世の中で必要なのは、多様な人と接していきさまざまな価値観の人と関係性を深く築いていく必要があります。

これができると、何かを自分でやりたいと思ったときに「あの人に聞いてみよう」「あの人に頼ってみよう」という発想になり、その人たちはきっと協力してくれる存在になるでしょう。

また、自分が頼られる存在にもなり、自己実現に繋がります。

今するべきことは何か

では現在子供で将来がこれからの人や既に大人になった人がこれから何をするべきなのでしょうか。

やりたいことをやる

多くの著名人や起業家の人たちは口を揃えて同じことを言います。

それは「やりたいことを気軽にやればいい」という言葉です。

やりたいことを素直にできない人は、「失敗」が怖くて行動ができない人がほとんどです。

新しいことをしたら失敗も成功もあるものです。

ですが「失敗」とは何をもって失敗なのでしょうか。

「失敗は成功のもと」と良く言われますが、まさにその通りで失敗をしたからといって、この失敗で0から始まったことが30まで進んで失敗したからといって、0に戻ることはありません。

何かしら得られたことは必ずあり、それを経験して活かすことで更に成功に向かうのが自然な流れなのです。

将来の結果より今の行動を重視する

まだわからない将来の結果を考えるよりも、いまの行動を大切にしていくことが重要です。

先のことを考えると、どうしてもリスクや失敗を考えてしまい行動に制限をかけてしまいます。

やりたいことがあったときには「今何がしたいか」を重視して行動していくと良いでしょう。

やりたいことをやることで自発的に行動できる人になろう

今後必要とされる人間は、やりたいことを一生懸命やっている人間です。

やりたいことに制限をかけずに、多様化していく時代に変化を恐れず飛び込む自発性を持って行動していくことで、将来の自分は驚くほどに成長します。

これから求められる力は総じて自発的な人とまとめられるほどです。

いまの行動を大切にし、周りの人と差別化をしていきましょう。

ネオチャレRoomのブログ

ブログ一覧へ

見学・無料体験

無料体験内容

  • ①あいさつ
  • ②一人一人に合ったカリキュラム作成
  • ③利用後のイメージがわかる教室での生活
  • ④親御様、生徒様へのフィードバック

見学・無料体験は随時受け付けております。
ご希望の方は、「お問い合わせボタン」または「お電話[03-6380-5894]」よりご連絡ください。

無料体験