【船堀の塾】夏休みを有効活用する方法2つ

こんにちは、ネオチャレ船堀教室の早勢です。

もうすぐ7月になり、いよいよ夏休みが近づいてきました。
現在ネオチャレでも夏期講習のご案内をしていますが、受験生の皆さんはもちろん、受験学年以外の生徒の皆さんも夏休みだからと言って遊んでばかりで全く勉強をすることがなかった!ということにならないよう気を付けてもらいたいと思います。

朝の使い方が大事

夏休みになるとこれまでの生活リズムとずれてしまって、一気に夜型の生活になったり、一日中ダラダラしてしまったという人が増えてきます。
その対処法として、「朝を有効に使う」ということをおすすめします。

単純に受験のことを考えると朝に受験を行うので、朝型の生活にしておいた方がいいというのもありますが、「意志力」の面からも朝を有効的に使うことが重要です。

意志力とは〇〇をしようという決意を実行に移す力のことで、例えば勉強をしよう!と思ってもなかなか勉強ができないという人はこの意志力が弱いということになります。

以前話題になった本ですがケリー・マクゴニガルの『スタンフォードの自分を変える教室』では意志力は有限(しかし鍛えることもできる)と書かれています。
同著によると、24時間禁煙した喫煙者はアイスクリームをドカ食いする確率が高くなり、大好きなカクテルを我慢した人は、持久力のテストで体力が落ちるようです。
つまり、「意志力を使い果たしてしまうと人は誘惑に対して無抵抗な状態か、もしくはかなり弱い状態になってしまう」のです。

普段私たちは食べ物に関する選択だけでも1日に200回以上行っているそうです。
こういった選択の1つ1つに無意識に意志力が使われていくので、一日の終わりには意志力はほとんど残っていないことが分かります。
そしてこれは「自制心が最も強いのは朝で、その後は時間が経つにつれて衰えて」いくという研究結果からもあきらかです。

つまり、朝が最も意志力が高いということは、朝になるべく習慣化したいものをもってくることが重要だということです。
たとえば「勉強しなきゃ」と思っていてもなかなか勉強ができないという人は朝に勉強をするようにしてみることが有効でしょう。
夜更かしは厳禁です。同著には睡眠時間が6時間未満になると意志力が低下するとも書かれています。基本ですが、早寝早起きをして睡眠時間はしっかり確保しましょう。

夏期講習を利用する

夏休みも学習時間をしっかりと確保するという点で言えば、塾の夏期講習を活用するのもおすすめです。

自分で進んで学習を進めることが理想ですが、「何を勉強したら良いか分からない」「勉強する意欲がわかない」という人もいると思います。
そういう人は、塾の夏期講習を活用することで、強制的に学習時間が確保でき、何をすべきかを教えてもらうことができます。
また、塾の夏期講習を活用することで学習において重要なポイントが分かり、効率よく学習することもできます

ネオチャレでも中3生向けに中1・中2の学習内容を復習できる夏期講習を実施しています。
中1・中2の内容が受験で出る内容の約7割を占めるので、ネオチャレの夏期講習で1・2年の内容を復習すれば受験勉強の7割が完了したも同然です!
1・2年の内容はもう忘れてしまっていたり、なかなか自分では復習する機会がなかったりすると思うので、みなさんに非常におすすめです!
まだ夏休みをどうするか決まっていない人、自分の勉強に不安がある人は是非この機会にネオチャレでの学習を体験してみてください!

お知らせ

お知らせ一覧へ

お問い合わせ

学習や受験のご相談など、
まずはご気軽にご相談ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。