【狭山の塾】北辰テストの見直しをしよう!

こんにちは狭山教室です!

埼玉県の中学3年生の皆さん、北辰テストお疲れ様でした!第5回ということで、北辰テスト自体にかなり慣れてきていると思いますが、手応えはありましたか?
手応えがあった子もなかった子も、今回の経験を、今後の学習に活かしていきましょう。

私自身、埼玉生まれ埼玉育ちなので、中学3年生の時は皆さんと同じように北辰テストを乗り越えてきました。
5教科×50分を1日でこなすのって集中力も必要で、すごく大変ですよね。
(ちなみにふじみ野教室、教室長の時代が1教科40点満点の時代でした!)

そんな北辰テストのような模擬試験は、定期テストのように範囲も決まってなければ、学校の授業で学習したものがそのまま出るのではなく、既習の内容が範囲となり、正答率が低い難しい問題も紛れているんですよね💦
私もかなり苦戦しました。特にニガテ科目だった数学に関しては…

そのニガテな数学ですが、最終的には、なんとか志望校に合格するレベルに成績を上げることができました。

何をしたかと言うと、「試験終わりの見直し・解き直し」です。

よく、「テストはちゃんと解き直しをしろ!」と先生にも言われますよね。その解き直しがとても重要だと言う話です。

試験中「あーこれどうやって解くんだっけ…」と思う問題が結構ありますよね。
そうった「なんかわかりそうな気がしたのに!」という問題ほど、試験が終わった後に答えを見ながら見直し、解き直しをしましょう!

私自身よく帰りに電車に乗りながら友達と答えを見て、あーこうやって解くのか!っと確認していたものです💭
わからないまま放置していると、次の北辰テストで「あっ、この前も同じような問題が分からなかったなぁ、ちゃんと見直せばよかった…」と後悔することになります!

また、見直しや解き直しをすることで、経験値が上がるので似たような問題にもだんだんと応用が効くようになっていきます。
だから是非、間違えたところを復習してみてください😊きっと次のテストに繋がるはずです!

まだ2,3回、北辰テストは残っています。次のテストに向けて、今回の経験を無駄にしないようにしましょう!

お知らせ

お知らせ一覧へ

お問い合わせ

学習や受験のご相談など、
まずはご気軽にご相談ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。