【ふじみ野の塾】塾に行きたくなる3つのポイント

大型の10連休が終わり、5月病にかかる暇もなく、すぐに中学生・高校生は中間テスト、小学生も新しい学習の単元に入ります。

「勉強したくないな…。」「塾に行きたくないな…。」と思う子もたくさんいると思いますが、ふじみ野教室ではむしろ逆!
通塾回数が自由になっているにも関わらず、平均通塾回数は月に約20回です。しかも、もともと勉強が苦手だったり嫌いだったりで、「できれば勉強はしたくない」と思っている子が、です。

ネオチャレは、生徒がどれくらいたくさん塾に通ってくれるかを一つの指標としていて、そのためにいくつかのネオチャレ流の工夫があります。

そこで今日はふじみ野教室で実践している”塾に行きたくなる3つのポイント”をご紹介します!
このポイントを押さえることで、勉強が嫌い、苦手だという子も、少しずつ前向きになってもらうことができるはずです。

先生と生徒の仲が良い!

これは、ふじみ野教室ではとにかく重要視していることです。勉強が苦手、嫌いという子は、そもそも塾に行くことが苦痛です。

もし、塾の先生が怖かったり、不愛想だとしたら、ただでさえ苦痛の通塾が、さらに苦痛になりますよね。

多くの塾では、塾の先生と生徒の距離感を保つために「馴れ馴れしくするな」とか、「友達のようになってはいけない」と、先生は釘を刺されます。

私たちはむしろ逆です、勉強が苦手、嫌いという子が通いやすい環境を作ることにコミットしているので、先生にはとにかく近い距離感で生徒とコミュニケーションをとってもらうようにしています。

例えば、ふじみ野教室の小学生は、2ヶ月に1回程度、土曜日のお昼くらいの時間にお菓子パーティーを先生と一緒に開催します。

生徒がお菓子やゲームを持ち寄って、先生もお菓子などを買って、みんなと一緒に遊びます。

これは、ネオチャレが主催しているのではなく、生徒が企画して、先生に「一緒にやろう!」と持ちかけるのです。

勉強でつまづいた時、距離感の近い先生であればすぐに「ここ教えて欲しい!」と質問することができるので、普段のコミュニケーションが、学習にとても活きてくるのです。

前回のお菓子パーティーの様子

勉強ができなくても怒らない!

よく、「なんでこんなものがわからないの!?」と怒る人、いますよね。もちろん全員がわかっていることだとは思いますが、怒ったところで良いことは何一つありません。むしろ、勉強が嫌い、苦手な子にとって怒られることは苦痛以外の何物でもありません。

勉強が嫌いだから、勉強が苦手だから、それを克服しようと塾に通っているのに、できないことを怒られてはかえってやる気がなくなります。

当たり前の話かもしれませんが、ふじみ野教室では、教えたことができなかったりすることは塾の責任だという意識を強く持っています。

よって、むしろ怒られるべきは塾の先生なのに、それを生徒の責任にするというのはもはや意味がわかりません。

教えたことができていなかったとすれば、どうすれば今度はできるようになるのかを先生が考え、行動に移します。もしまたできなかったとしても、根気強く何回も教えます。
そうすることで、生徒も質問しやすい環境を整えることができるのです。質問したら怒られる、そんな環境では質問なんてできないですよね。

生徒の成長のために、たまにキツイことも言いますが、感情を露わにしたり、怒ったりすることはまずありません。それがネオチャレの塾なのです。

できたことを褒める!

これは前回アップした「勉強のやる気をあげるポイント」にも書きましたが、とにかくできたことを褒めてあげます。ふじみ野教室の先生は、生徒を褒めることに本当に長けています。

塾の先生からしたらできて当たり前の問題も、勉強が苦手、嫌いな生徒からすれば素晴らしい成長です。その成長を無下にすることなく、しっかり認めてあげて、褒めてあげます。

そうすることで生徒は成長を実感し、さらに頑張ろう!という意欲が生まれます。

先日、ふじみ野教室では予想問題大会を実施したのですが、そこで中学3年生の男の子が3年生の数学の範囲で高得点をとりました。しかし、2年生の内容がイマイチで、全体の得点としては伸びなかったのです。

普通の塾の先生だったら、「2年生の内容ができてないね。もうちょっと勉強したほうが良いよ。」と言うかもしれません。

そこで私はその子に対して「◯◯!3年生の内容すごいできてるじゃん!!これ、2年生の内容さえもっとできるようになったら、今回今までで最高の点数取れるんじゃない!?」と伝えました。
すると、その子はテストが終わった後、帰る友達もいる中で遅くまで2年生の内容を勉強していたのです。
同じ結果を伝えるのでも、伝え方によって生徒の受け取り方は180度変わります。この伝え方をふじみ野教室では先生が意識しながら、生徒とコミュニケーションを取っています。

先生と生徒の仲が良くて、怒られない、しかもできたら褒められる、これがちゃんとされていたら、生徒も塾に通いたくなると思いませんか?

そんな勉強が苦手、嫌いな子にとって理想の環境が、ふじみ野教室では整っています。生徒と一緒に成長するふじみ野教室に、ぜひ一度足を運んでみてください!

お知らせ

お知らせ一覧へ

お問い合わせ

学習や受験のご相談など、
まずはご気軽にご相談ください